ホーム基礎知識食肉加工品乳加工品卵加工品

食肉加工の流れ
解体・整形
塩漬け
包装
乾燥・燻煙
加熱・殺菌

牛肉加工品
ビーフジャーキー
コンビーフ
つくだ煮

豚肉加工品
サラミ
ウィンナー
ベーコン
ロースハム
ラックスハム(生ハム)
テリーヌ
アイスバイン
レバーペースト
焼き豚

鶏肉加工品
みそ漬け
スモークチキン
 
ビーフジャーキー
ビーフジャーキー  噛めば噛むほど牛肉の旨味がでてくる、アメリカ生まれの加工品です。手で引き裂き、そのまま食べます。お酒のおつまみに最適。挽き肉を板状にのばしてつくりますが、ここでは、より簡単にできるスライス肉を使った方法を紹介します。

 
牛もも肉(スライス):500g
玉ねぎ:半個
にんにく:一片
塩:5g
こしょう:0.5g
しょうゆ:30g
砂糖:5g
トウガラシ:0.2g



ボール
ラップ
脱水シート
スモーカー(網棚が入れられるもの。食肉加工の流れ「乾燥・燻煙」を参照)
スモークチップ

1. 玉ねぎ、にんにくは薄くスライスし、ボールに塩、こしょう、しょうゆ、砂糖、トウガラシと一緒に入れ、よく混ぜ合わせます
2. スライスしていないもも肉の場合はまず、後で裂きやすいように繊維に沿って薄くスライスします。スライス肉を1枚ずつ、手で漬けます
3. 漬けた肉をラップに包んで空気を抜き、冷蔵庫に約12時間おきます
4. もも肉についた玉ねぎ、にんにく、トウガラシを取り除き、脱水シートにくるんで冷蔵庫に2時間おきます
5. 肉は網棚にきれいにのばして並べるか、つりさげるかしてスモーカーに入れ、70〜75℃で10〜12時間燻煙します
6. 粗熱をとってできあがりです


 本来は常温で保存できるものですが、手づくりの場合、乾燥剤と一緒に入れ、袋を密封しておくと長期保存できます。


写真提供・引用文献:手づくり道具で燻製自由自在(著者:鈴木雅己、撮影者:小倉隆人 農山漁村文化協会)