ホーム基礎知識食肉加工品乳加工品卵加工品

加工の歴史と動向
食肉加工の歴史
乳加工の歴史
日本における生産量


加工の原理
食肉の選び方
乳の選び方
卵の選び方
加工技術の意味
食肉加工の技術
乳加工の技術

そろえたい道具・材料
食肉加工の道具
乳加工の道具
卵加工の道具
食肉加工の材料
乳加工の材料
そろえたい香辛料
畜産加工の専門用語


必要な法的手続きQ&A
JAS規格
加工物販売
営業許可
食品衛生法の施設基準
酪肉法の施設基準
必要な資格
相談先
営業許可手続きの流れ
 
営業許可手続きの流れ

Q:営業許可を受けるまでの手続きはどうなっているの?

A:実際に営業許可を取るまでの手続きは、以下の順で行います。
事前相談書類審査・受付調査許可書の交付
 日数がかかりますので、開設に間に合うよう、余裕を持った計画で進めましょう。

1. 事前相談
 施設や調理場の図面を持参して、最寄りの保健所に相談をします。この段階で、施設の査定が行われます。もし営業施設基準に合わなければ、調査の後でも施設の改善を要求されたり、不許可となる場合があります。

2. 書類審査・受付
 営業許可申請書とその添付書類に必要事項を記載し、保健所衛生課の窓口で許可申請手数料を添えて申請します。

3. 調査
 食品衛生監視員が申請書にある施設の大要や、図面を見ながら、実際の施設や設備のチェックをします。設備基準に合っていれば、その構造や材質等の査定が行われ、許可年数が決められます。

4. 許可書の交付
 営業許可書が交付されて、初めて営業を開始できます。許可書は営業所内の見えやすいところに提示しなければなりません。