牛牛肉
 
ロース・サーロインヒレ・もも・らんぷかた・すね・ばらひき肉内臓他
  焼く・炒める煮る揚げる和える・サラダご飯・めん・パンスープ・汁物・鍋物
 
 

牛肉のさしみ入りピビンパプ(ユッケピビンパブ)

ナムルやセンチェを3種くらいご飯にのせ、いりごま、もみのり、香りづけのごま油をかけたら基本のピビンパプのできあがり

牛肉のさしみ入りピビンパプ(ユッケピビンパブ)
カロリー 668 kcal  調理時間 45〜60分
タンパク質 19.2 g  塩分 5 g

栄養価チェック
この料理の栄養価とあなたに必要な栄養所要量をくらべることができます

材料(1人分)
材料 分量
好みのナムル・センチェ200g
大豆もやし、きゅうり、せり、ほうれん草、なす、大根、大根とにんじん
牛肉のさしみ40〜50g
ご飯どんぶりに軽く一杯
いりごま小さじ1/4
もみのり適量
ごま油小さじ1/2
コチュジャン適量
スープ適量
作り方
  1. 好みのナムル数種と牛肉のさしみを用意する。

  2. 丼を温め、ご飯を軽くこんもりと盛り、ナムルを彩りよく並べ、いりごまをふる。中央に牛肉のさしみを盛り、もみのりをのせ、のりの上にごま油をかける。

  3. 各自、好みの量のコチュジャンと大さじ1程度のスープを全体にかけ、スプーンでまんべんなく混ぜ合わせながらいただく。

ポイント
のせる具はあり合わせのものでかまわないが、混ぜれば混ぜるほど複数の味のハーモニーを楽しむことができる。このときいっしょにいただくスープは好みで。さっぱりとわかめスープなどがおすすめ。牛肉のさしみの代わりに牛、鶏などのそぼろなどを使うのもよし、牛肉のさしみの上に卵黄をのせるのもよい。あり合わせのおかずをご飯の上に色どりよく並べるだけなので、わざわざナムルを作らなくてもキムチをせん切りしてそろえてもよい。


料理提供:「韓国家庭料理入門(著者:金日麗、鄭大聲 撮影:小倉隆人)」農山漁村文化協会