Home >> 健康・安全情報をさがす >> もっと健康になる(栄養・健康)

   
  ムズカシクナイ栄養知識

タンパク質ならおまかせ
コレステロールを嫌わないでね
ビタミンの大きな仕事を評価したい
意外に知らないミネラルの正体
カルシウム不足は牛乳で解消
ワザあり!の注目物質たち


自分にあった食事をする

年代別 お肉の上手な摂り方
年代別 卵の上手な摂り方
牛乳ダメでもヨーグルトがある!

病気で泣かないために

ちゃんとわけあり、風邪に卵酒
習慣にしない生活習慣病
激減した脳卒中死の理由は?
鉄分を含んだ食事で貧血対策
肥満撃退法スタート!
長寿社会をいきいき過ごすヒント
ストレス防衛隊、タンパク質
もうあわてない、食品アレルギー
骨太なヒトになる
正しく知ろうBSE
加熱が有効、O-157
しっかり管理で防ぐ食中毒
まだまだ怖い寄生虫の実態


栄養・健康に関するQA

Q&A




 
年代別 お肉の上手な摂り方
 お肉は、良質タンパク質を手軽においしく、しかも効率的に摂ることのできる健康食品ですね。これらを、上手に食生活に取り入れるための「年代別活用法」をまとめてみることにしましょう。

食べかたは年代で変化
赤ちゃん期:だしスープから徐々に進歩
 原則として、赤ちゃんには生後半年目くらいから肉のだしスープを与え、8ヶ月くらいからペタペタにたたいたもの、次にひき肉、1年目を目安に、脂肪の少なくてやわらかい薄切り肉を与えます。最初はほんの3〜5グラム、お誕生日には10〜25グラムまで食べられるようになるでしょう。

育ち盛り期:ほどほど、が大切。基準の2倍が目安
 育ち盛りでお肉が大好きな子供たちに、欲しいだけ食べせても良いものでしょうか?健康でよく運動する子供なら、摂取基準の2倍までなら摂っても問題ないといえるでしょう。ですが、それを越える生活を続けると、肥満や動脈硬化の原因に。やはり、ほどほど、が大切です。

妊娠・授乳期:ふだんの量より20〜50グラム多く
 最もいけないことは、「肉は血を汚すから」など、いわれのない迷信を鵜呑みにしてしまって、良質タンパク質の摂取が少なくなってしまうことです。食事の量を増やすことが大切になりますが、お肉の場合ですと、ふだんの量より20〜50グラム増やしておけば十分。バランスの良い栄養補給が大事です。

働き盛り:ご飯を控えてお肉で栄養調整
 肥満や高血圧を心配して、肉を控え目にする方もいらっしゃいますが、控え目にすると良いのはむしろ、ご飯の方です。ご飯を減らすと、穀物から摂るタンパク質の量が減ってしまいますので、その分を脂肪の少ない肉で補っていきます。高血圧予防は塩分控え目、が基本です。

老年期:良い肉を吟味しておいしく健康管理
 お年寄りにお肉は毒、では決してありません。一般的には歳をとったら粗食、という見方がありますが、実は違います。食が細くなる分だけ、良質タンパク質を効率的に摂ることが必要です。お肉はおいしく摂れる絶好の食材。脂肪の少ない良い肉を吟味し、さっぱり味にするなど、味つけの工夫をしましょう。


関連する料理レシピへジャンプ
ゆで豚のごまじょうゆあえ鶏肉のから揚げ 野菜だれかけハンバーグステーキ

関連情報(すべて冊子)
肉 こうして食べれば心配ない 社団法人 農山漁村文化協会